石和温泉・熱海温泉はピンクコンパニオンの聖地!?

対決のイメージ

現在では、日本全国のいたるところでコンパニオンを呼ぶことができるようになっています。全国規模で各地にお店・派遣所をもっていて、どこにでも派遣可能…といった大規模な会社も登場しているほどです。なので、どこでも同じようにコンパニオン遊びをすることができる…そう考えている方が多いでしょう。
確かに、現在ではどこでもコンパニオンを呼ぶことはできます。温泉旅館の宴会場だけでなく、カラオケボックスやビジネスホテルなどでも利用することができるようになっていますので、地域などによる違いを感じにくくなっています。
しかし、やはりコンパニオンの聖地と呼ばれる場所はいくつかあります。では、現在でもこういった聖地と呼ばれている場所・地域のレベルは違うのでしょうか?ここでは、昔からピンクコンパニオンの聖地と呼ばれている熱海温泉・石和温泉を例に挙げてチェックしてみましょう。

どうして熱海・石和温泉がピンクコンパニオンの聖地なの?

そもそも、どうして熱海温泉や石和温泉がピンクコンパニオンの聖地となったのでしょうか?そこにはいくつかの理由があります。
まず、歴史ある温泉街であるという点が挙げられます。いくつもの温泉旅館が立ち並んでいますので、自然とコンパニオンへの需要も高くなります。その結果、お店や派遣所が集中することになったのです。

もう一つのポイントが日本の中心である首都圏からのアクセスです。それぞれ、距離は決して近いわけではありませんが、旅行に行くには丁度良い距離で、アクセスもしやすいエリアとなっています。なので、社員旅行や慰安旅行の行き先に選ばれることが多く、宴会が開かれることも多いのです。そうなれば、またコンパニオン…特にピンクコンパニオンへの需要は高くなります。こうして、多くのピンクコンパニオンが集まり、レベルが高くなっていったのです。

今でも聖地は健在?

バブル崩壊後、長く続いた不景気の影響を受けて、歴史ある温泉街も大きな打撃を受けることになりました。それによって、一時的にはコンパニオンへの需要も低くなり、衰退しつつあった時期もあります。ですが、景気の回復によって、熱海温泉・石和温泉への人気もすっかり回復しています。それに伴って、また多くのコンパニオンが集まってきているのです。

繁盛

なので、今でもやはりこの地域はピンクコンパニオンの聖地なのです。

コンパニオン遊びはどこでも楽しめるようになっていますが、あなたも一度聖地と呼ばれる場所で宴会を楽しんでみませんか?